一般社団法人ぶどうの木〈千葉県〉 一般社団法人ぶどうの木〈千葉県〉

 農福連携とは?

『農福連携』とは、生産者の高齢化が進み、担い手が不足する農業サイドの課題と、障がい者の社会での役割創出し、工賃の向上を目指す福祉サイドの課題を両者を連携させることで解決を図り、双方に利益があるWin-Winの取り組みです。

農業と福祉の連携を通じて障がい者や地域における多様な人々が役割を担い、活躍できる社会を目指します

~農福連携に取り組んでいる事業所の割合~

農福連携に取り組んでいる福祉事業所の割合のグラフ

※本調査によると

  • ・農業活動に取り組んでいる施設は33.5%
  • ・地域農産物を用いた加工/飲食事業に取り組んでいる施設は7.9%
  • ・今後、農業活動をやりたいという施設は12.7%という結果が出ており

何らかの形で農業に取り組んでいて関心があるという施設は過半数を超えた。

~農福連携を取り組む目的について~(現在)

農福連携を取り組む目的の割合のグラフ

※本調査によると
農福連携に取り組む目的(現在)は、農作業が障がい者にとって
“多様な作業が可能であり、障がい者に適している”“生きがい・やりがい・障がい者の社会性の育成”に通じる取り組みであることが窺える。